トップページへ戻る

夫婦喧嘩から、離婚に発展?

夫婦喧嘩が繰り返されることで、やがて離婚問題に発展してしまう、ということはとても多いものです。特に、最近は女性からの暴言も目立つようになってきたなぁ、と感じることが多いです。

喧嘩をするほど仲が良い?

夫婦喧嘩をするほど仲が良い」という言葉もありますが、この言葉を文字通り受け取らないことです。夫婦喧嘩を繰り返せば繰り返すほど、関係は疲弊し、やがて「もう夫婦として続けていくことは出来ない」という結論に至ってしまうものです。

喧嘩中の暴言が夫婦を駆逐する

夫婦喧嘩の中で、奥さん、ご主人双方が暴言を言い合うことがあります。しかし、この暴言をもっと注意を払う必要があります。この暴言が、いつまでも夫婦間に禍根を残すのです。「あの時、こう言われた」「あなたの酷い言葉で、私はずっと引きずっている」というようなことです。

喧嘩中であれば、何でも許されるわけではありません。親しき仲にも礼儀ありです。言ってはいけないことが夫婦の間であっても存在するものです。

夫婦喧嘩からの離婚にならないために、あなたができる最初の一歩

もし、あなたがいつも夫婦喧嘩ばかりしていて、その状態にウンザリしているのならば、自分の暴言を慎むことから始めてみることです。もし、あなたが暴言を続けるのであれば、それはご主人に対しても「あなたも、イライラしたら暴言を発言しても良いのだ」という許可を与えていることに他なりません。

ご主人に暴言を控えさせる最初の一歩は、あなたがまずは率先して暴言を慎むことです。