トップページに戻る

夫婦関係の修復と相談

編集:夫婦やりなおし相談室 代表 後藤

夫婦関係を改善していく為には、まずはしっかりとした目標を持って臨むことが大事です。では、その目標の立て方として、どのような方法が考えられるでしょうか?そして、目標を設定するときに大事なのは、相談なのですが、その相談をどのように活用すればよいのでしょうか?

もう一度、夫婦関係をやりなおすと決断する

夫婦関係を修復していくときに重要になってくるのが、目標の設定です。少なくとも、目標は2つ持つようにしましょう。1つは長期目標です。そして、もう1つは短期目標です。長期目標とは、最終的にどのような夫婦になりたいのか?という大きな目標を指します。

短期目標については、1ヶ月後にどうなっていたいのか?などの目標を指すことになります。そして、その両方が必要になってきます。どちらがかけていても上手くいきません。短期目標だけを設定し、長期目標を設定しなければ、場当たり的な対応ばかりをとってしまうかもしれません。長期目標を持っていない、ということは、「どういった方向に向うべきか?」という方向性が決まっていないという事ですから、短期的に効果があることばかりに目が奪われてしまうのです。

また、長期的目標だけを設定し、短期目標を設定していなければ、あなたは、目標が漠然とし過ぎていて、何から行動すればよいのか?ということがいつまでも決定できないで、立ち往生してしまうことになります。両方が必要なのです。

目標の達成と相談

このような目標設定や、自分がどういった立ち居地にいるのか?ということを把握する為に、専門家に相談する、ということを行いましょう。専門家に相談する事は、結局は、あなたの目標達成を短縮し、より効果的に夫婦関係を修復することに繋がります。

相談する、というのは、何も具体的なことを相談する、というだけではありません。現状を報告したり、自分の客観的な立ち居地を分析してもらったりなどの意味もあるのです。人は、案外自分で自分のことが分からないものです。

特に、夫婦関係の修復というのは、とてもネガティブな感情に圧倒されることが多いものです。夫から、理不尽な事を言われたり、暴言を言われたりすれば、誰でも、自分を見失ってしまい、感情的に綯ってしまう可能性があります。

そこで、専門家にきちんと相談し、そのようなときの対応方法や気持ちの持ちようをサポートしてもらうのです。相談し、自分の立ち居地をきちんと見極めてもらい、あなたの短期目標を確実に達成する事で、最終的に長期目標を達成してもらうように援助してもらうのです。

目標設定と、相談する事。これは切っても切れない縁なのです。

どのような専門家に相談すれば良いか?

では、具体的にどのような専門家に相談すれば良いでしょうか?いくつかの基準がありますが、まず実績。例えば、極端話しとしては、大学などでしか教えた事しかない、のような理論だけはしっかりしていても、実際の現場の知識がないような人に相談するのは間違いです。理論的にどうあれ、現実の世界で繰り返し、効果的だったかどうか?という事が重要です。

もちろん、夫婦関係修復の大学の先生というのはいらっしゃらないですが、これはたとえです。とにかく、実績がない人に相談する、というのは適切な選択ではありません。

2番目の基準として、重要なのは「安易な離婚を勧めない人」ということが重要です。あなたが、夫婦関係を修復したいと考えているのならば、離婚を安易に勧める、カウンセラー、セラピストなどに相談すべきではありません。

もちろん、絶対に離婚は駄目だ、ということではなく、「離婚する選択もあれば、関係を修復する道もある」という前提だと、ちょっと苦しくなれば、すぐに離婚を勧める人があまりにも多いからです。「行き詰まったら、離婚を勧める」というカウンセラーやセラピストは、あまりにも、専門家として頼りないのです。

私の経験上、かなり極端に厳しい状況にあるケースですら、時間はかかっても、関係を徐々に戻し、修復していくケースは珍しくありません。特に、お子さんがいらっしゃるケースは、安易に離婚を決断しないでほしいと思っています。

3番目の基準として、勤勉である、ということです。夫婦関係の修復相談というのは、正直、いくらスキルを高め、勉強を続けても、終わりはありません。世の中には、いくらでも難しいケースというのは存在するのです。ですから、カウンセラーやセラピスト自身が、極めて勤勉で上昇志向があることが重要です。

【補足】夫婦関係の専門家に相談する事が難しいならば

編集:夫婦やりなおし相談室 スタッフ

長い間の中には、1度や2度ぐらい離婚を考えることが、誰にでもあるかもしれませんね。夫と急にうまくいかなくなったからと、焦る必要はありません。夫婦関係がうまくいかなくなったとき、まずは専門家に相談する事が最も重要です。

しかし、経済的な事情などから、それが厳しい状況ならば、ひとりで悩んでいないで、年長者の声に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

ベテランの夫婦は、長い間の中で野を越え山を越えと苦労しています。ご自身の経験から、夫婦がうまくいくように、適切なアドバイスをしてくれる良き味方になってくれることもあるでしょう。

一昔前の時代は、お見合い結婚が多かったこともあり、仲人さんに相談する人もいましたが、近年はお見合い結婚が少なくなったこともあり、仲人さんといっても、頼まれ仲人や座り仲人といった形で、結納や結婚式のときだけに立ち会うケースが多いようです。現代社会は、人間関係が希薄になっていることが、離婚しやすい状況を作っているのかもしれませんね。

すぐに離婚を考えるのではなく、まずは思い留まり、夫婦関係を修復させる対策について案じてみることです。年長者に相談すると、長年の経験から良いアドバイスをもらうこともあります。人生経験豊富な年長者に相談することで、離婚を思い留まった人もたくさんいます。