トップページはこちら

義理の親との家庭不和について

原稿執筆:夫婦やりなおし相談室スタッフ

今回のテーマは、義理の親との家庭内不和について。この問題を抱えている人も多いようですが...。

義理の親との関係がこじれて離婚?

日本人の離婚率は、とくに近年高くなっていますが、離婚する原因のひとつに、義理の親との関係がこじれて夫婦を解消したいと思い、離婚に至るケースも多いようです。

もともとは夫婦仲が良く、家庭円満だったのに、夫の両親、または舅、姑との同居が始まったとたんに、家庭にさまざまな問題が起こり、夫が親の味方ばかりして、妻の味方をしてくれなくなった、ほんのささいなことが原因で、夫婦の間に溝が深まり、夫婦関係を修復できなくなったといったケースも少なくありません。

どう対処していいか分からない夫と孤立する妻

昔から、嫁と姑は難しいと言われていますが、日本人男性は、海外の男性のように、妻に対する愛情を上手に言葉で表現することができない人が多いようですね。日本人の勤勉でまじめな気質は良いことですが、妻と両親の間に立たされた夫は、物事をまじめにとらえがちで、やはり上からの圧力にはなかなかかなわないところがあります。

夫とその両親は、上と下との関係ですが、夫と妻の関係は、縦横の関係のようなものですから、間にはさまれると、夫はどう対処して良いかわからず、両親の味方をすると、妻は孤立してしまいます。

夫は、仕事から疲れて帰ってきて、妻から同居のグチをこぼされる、かえってうっとうしくなるものです。できれば、休日の日にゆとりを持って、夫婦関係が今後ともうまくいくように修復する努力をするための第一歩として、同居がうまくいくような方向で、夫婦で向き合って話し合ってみてはいかがでしょうか。

【番外編】義理の親が夫婦の問題に関わる事

原稿執筆 : 代表 後藤 麻守


夫婦関係の対立だけではなく、義理のご両親との対立も入ってくると、話しは一気に難しくなってしまいます。というのも、夫の浮気でも話しが出ている、プラス・マイナス理論が働いてしまうからです。
具体的に、ご両親が関わる事で何が難しくなるのか?というと、ご主人の本心がさらに読めなくなります。ご主人の発言が、本人が本当にそう思って発言しているのか、それともご両親の意見をただ、代弁しているだけなのか?ということさえもよく分からなくなってしまいます。


さらに、厄介なのは夫婦の話し合いが2人で行われるのではなく、ご両親を交えて話しをしなければいけなくなることです。特に、これはご主人がご実家に帰っているなどのときには起こりやすくなります。このように、話し合いに夫婦2人だけではなく、複数の人が関わるようになると話し合い自体がさらに自分のコントロールできない形で進んでしまう事になるのです。

【関連記事】姑とは同居した方が良い?しないほうが良い?

義理の親との対立は、夫婦関係の対立にも影響を及ぼしてしまうことがあります。姑との関係はどう保っていけばよいのでしょうか?こらちの「姑との同居」についてをお読みください。

【関連記事】姑と対立があるときに夫に期待すること

姑との問題が大きいときに、夫との果たす役割は大きくなると言わざるを得ないでしょう。嫁と姑の関係が悪いとき、夫に期待する事とは?義理の親と対立をお読みください。

【関連記事】自立できない夫との関係

近年、親に依存してしまう夫も増えてきているとか。特に、ご実家に帰りっぱなしというご主人も少なくないようです。自立できない夫を参考にしてください。