トップページへ戻る

離婚の意思はないのに離婚届けにサインしてしまったら?

時々あるケースとして、その時の衝動でつい離婚届にサインをしてしまう...というもの。ご主人と言い争った直後に離婚届につい、サインをしてしまい、後で冷静に考えたら「離婚はする気がない。やはりやり直したい」と考えるような事があります。

そのようなときにはどのような対応が考えられるでしょうか?

離婚不受理届けを出す事をまずは急ぎましょう

離婚届けを先に出されてしまい、離婚が成立してしまったら厄介です。そこで、まずは先に役所に印鑑と運転免許証を持参し、離婚不受理届けを戸籍係に定収するようにしておきましょう。これを提出しておくと、取り下げない限り6ヶ月間は離婚届が受理されません。

離婚の意思はない、そう伝えなければいけません

ただし、上記のような対応をしているからと言って、安心していてもいけません。そもそも、ご主人が不受理届けが出ている、ということを知れば、激怒するでしょうし、夫婦関係が修復できたわけでも何でもありません。まずは、ご主人との対応において、「自分には離婚の意思がなくなった」(表現はもっと工夫しなければいけませんが)ということを伝えましょう。

ご主人は、離婚届にサインももらって「もう離婚できる」と思っているのですから、あなたが「離婚の意思はない」と伝えれば、当然、ご主人から大きな反発される可能性が大きくなります。しかし、だとしてもまずはご主人が「離婚できる」と思っている、その誤解をといていくことが最初の一歩になります。